読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非公式はてな人力検索事例集

なんかいわれたらすぐ辞めるぜ。

ふっきれてたらそんなとこで悩まない

前職の退職理由について。 近々面接を受けます。前職は保育園に… - 人力検索はてな
全然吹っ切れてないのでは。
前職でも浮いてたというのが、
子供を持つということに関して個人的な悩みが多く、
保育に適性がないという部分もあったのでは。
 
よりによって、
幸せそうな妊婦さんをうじゃうじゃみるような職に就く意味が
わからない。
こだわって最後に自分が鬱になるくらいなら、
全く妊婦が来ないようなところで就職したほうが、
ずっといいのではないかと思う。
というか今も鬱だからこだわるんだろうか、
本当に保育にめっちゃ適職がある感じの人なのか。
 

若い時間を一度●●志願者として過ごしたあとは、
世間の状況がかわってしまっても
火薬庫に火種を持ったまま近づくかのように、
うかつなトライをする人が
最近の就職志望者には多いと思う。
もちろん慎重に考える時間も余裕もないというのが
実情だろうけど、本当にその職で幸せなのだろうか。
本人にとってもよく安全を確認したほうがいいのでは。
 
もちろん、「これだけやる気があるのだから
一度ポストにつけば自分は大きな仕事を
やりとげられるのに」という挑戦的な考え方も
新卒者ならできるけれど。
特に女性は体力的に外で働けるピークが長くないので、
2度目、3度目のトライとなれば
もうすこし小ずるく?慎重にいったほうがよい。
たとえば人脈・口コミなどを
利用することを考えた方が良いと思う。
一般人の常識で名前の大きさ、聞こえの良さそして
「まわりへの迷惑が少なそう」というとこだけをみて
判断してしまうとよくないと思う。
遠慮するとこが違う。